Case システム建築  施工実績

株式会社シーエル 南九州物流センター

ビルダー:鎌田建設株式会社 (鹿児島県)
  【空撮動画あり】
【360゚画像あり】

物流コンサルティング、物流システム開発・構築、物流センター運用の3つの強みの3PL(サードパーティーロジスティックス)を実践し、九州をはじめ、近畿、北陸、関東地方へ物流拠点を展開されています福岡県福岡市博多区の 株式会社シーエル 様。

鹿児島県霧島市に新たな物流拠点となる南九州物流センターをシステム建築で建設いただきました。

 

YouTube 「株式会社シーエル 南九州物流センター」空撮

 

 360度パノラマVR ※マウスやカーソルキーで360度ご覧になれます。

 <画像右上の「FULL」をクリックすると全画面になります>

 

南九州物流センター全景

株式会社シーエル 様の南九州物流センターは、霧島市隼人町の工業団地「鹿児島臨空団地」内にあります。

九州自動車道の溝辺鹿児島空港インターチェンジに近接する場所で、鹿児島空港もすぐ傍です。

リサイズ-5

 

建物は、長さ79.2m x 幅42.3m の屋根棟位置に室内柱を1列設けるカスタムタイプです。

手前側には、出寸法10.0mの段差下屋形式で事務所エリアを設けています。

写真左奥遠方に薄っすらと見える高い山が桜島です。

リサイズ-4

 

南九州物流センター外観

外壁は高断熱なサンドイッチパネル「フラットヴァンド35V(縦貼り)」のホワイト色です。

建物両妻面には、コーポレートカラーの赤色のラインが入っています。

DCIM100MEDIADJI_0057.JPG

 

倉庫エリア正面には、yess建築が得意とする出寸法6.0mの鉄骨現し大庇を設けています。

建物本体フレーム同様に、システム建築専用工場で生産するビルドH梁による大庇です。

屋根流れ形式の意匠的にもスマートな大庇をコストパフォーマンス高く実現します。

大開口は、W6.0m x H3.5m のオーバーヘッドドアです。

DCIM100MEDIADJI_0049.JPG

 

裏手側からの撮影

DCIM100MEDIADJI_0049.JPG

 

南九州物流センター内観

幅42.3m x 奥行79.2m の物流倉庫空間です。

長手方向の鉄骨主柱間隔は、すべて広めとなる7.2m間隔を適用しています。

DCIM100MEDIADJI_0057.JPG

 

屋根断熱は、高断熱なYマットS(表皮付きグラスウール60mm)です。

一般建築では2重折板に敷き込むグラスウールを母屋上に直接敷き込む事が出来るyess建築の特徴ある仕様です。

屋根面積に比例して影響を受けますので、工期・コスト共に大きくメリットがあります。

DCIM100MEDIADJI_0057.JPG

 

株式会社シーエル 様の南九州物流センターは、2019年12月に竣工しました。

【ネット上のニュース情報】

株式会社シーエル及び株式会社九州協栄は霧島市と立地協定を締結しました - 鹿児島県庁 ホームページ 2019年6月19日

※ インターネットニュース記事は、ニュース掲載元の記事掲載仕様により全文参照できない場合、またリンク先のページが無くなり参照できなくなる場合がございます事をご了承ください。

システム建築 施工概要

用途倉庫(物流センター)
商品種別
カスタムシリーズ「商品説明」へ
屋根材PXルーフ「屋根説明」へ
外壁材フラットバンド35V「外壁説明」へ
建物幅42.3 m
建物長79.2 m
建物高6.4 m
建物面積4050 ㎡
建設地鹿児島県
竣工2019年12月
施工会社 鎌田建設株式会社 ( 鹿児島県 )

所在地

245 views 
Loadingこの実績をお気に入りに登録する お気に入りを参照する