Case システム建築  施工実績

湯河原町真鶴町衛生組合 一般廃棄物最終処分場(覆蓋施設)

  【動画あり】

神奈川県の 湯河原町真鶴町衛生組合 様が管理される一般廃棄物最終処分場です。

既存の直壁被覆型処分場を撤去してから、最終処分場の基礎地盤全体を強固な躯体構造とした上にクローズドシステム最終処分場を建設する再整備工事になります。

埋立容量77,350m3の処分場です。

処分場の覆蓋施設として、ワイドスパンが可能なyess建築を採用いただきました。

神奈川県内では初となるクローズド最終処分場になります。

 

YouTube 「湯河原町真鶴町衛生組合一般廃棄物最終処分場」空撮

 

最終処分場全景

手前側の建物群は、湯河原美化センターのごみ焼却施設になります。

ごみ焼却施設の奥の盛土構造体の上に建つ建物が、このたびシステム建築で建設いただきました一般廃棄物最終処分場上屋です。

リサイズ-5

 

山上側からの空撮

近隣には、相模湾を望む絶景スポットで毎年5万株のさつきが咲く「星ケ山公園さつきの郷」があります。

DCIM100MEDIADJI_0049.JPG

 

処分場上屋外観

建物は、幅60.0m x 奥行99.6m の室内無柱構造のカスタムタイプです。

奥行方向の鉄骨主柱間隔は、両端が約5.8m。中間部はすべて6.8m間隔になります。

リサイズ-5

 

外壁は、フラットヴァンド35V(縦貼り)のシャンパンゴールド色です。

DCIM100MEDIADJI_0049.JPG

 

処分場上屋内観

yess建築の中でも最大規模となる無柱スパン60.0mの空間です。

鉄骨は、すべてメッキ仕様としています。

DCIM100MEDIADJI_0057.JPG

 

深さは、約15m近くあります。

底にある車の大きさを見ると、規模が分かります。

DCIM100MEDIADJI_0057.JPG

横河のシステム建築なら覆蓋施設として日本全国で実績があり、日本で唯一のシステム建築専用工場による工場生産によって、短工期かつコストパフォーマンスが高い建設が可能となっています。

 

湯河原町真鶴町衛生組合 様の一般廃棄物最終処分場は、2019年07月に竣工しました。

 

同時建設のセメント混練棟は、下の同一敷地内案件からご覧ください。

【ネット上のニュース情報】

2019年7月13日号 : 湯河原町真鶴町衛生組合 最終処分場が完成 県内初のクローズ型 - 神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙「タウンニュース」

※ インターネットニュース記事は、ニュース掲載元の記事掲載仕様によりリンク先のページが無くなり参照できなくなる場合がございます事をご了承ください。

システム建築 施工概要

用途処分場(クローズドシステム処分場)
商品種別
カスタムシリーズ「商品説明」へ
屋根材SSルーフ「屋根説明」へ
外壁材フラットバンド35V「外壁説明」へ
建物幅60.0 m
建物長99.6 m
建物高7.0 m
建物面積6064 ㎡
建設地神奈川県
竣工2019年07月

所在地

1,489 views 

同一敷地内案件

5247 (2)
湯河原町真鶴町衛生組合 一般廃棄物最終処分場セメント混練棟
用途:最終処分場内セメント混練棟
商品種別:カスタムシリーズ
Loadingこの実績をお気に入りに登録する お気に入りを参照する