特殊建築TOPICS

天然芝ピッチ昇降システム「Phovare (TM) ホバーレ」の開発
1. 競技場天然芝ピッチ昇降システムの開発
近年、スポーツビジネスは益々の盛り上がりを見せ、その経済効果は15兆円規模と言われている。
しかし、国内のスポーツ施設の現状は中途半端な施設が多く稼働率の低い施設が多い。
その為、施設の稼働率や集客数の増加の向上を図るために様々な取り組みや検討がなされている。
具体的には、スタジアムの改修計画及びサッカー利用以外を想定した施設稼働率が高い多機能複合型スタジアムが要望されている実態がある。
そこで、横河システム建築では多機能複合型スタジアムとして利用可能な競技場天然芝ピッチ昇降システムを開発した。
クリックすると動画をご覧になれます。

掲載動画ではピッチ昇降システムだけでなく、
 ・拡張展開型客席
 ・大移動型可動客席
の機能を一体とした「多機能複合型スタジアム」をご提案。
  •  1.  昇降機構は、ワイヤとサッカー用天然芝ピッチに内蔵したフックとをつなげ、上空に持ち上げる。
  •  2.  ピッチ本体を屋根として上部へ可動させることで屋根として利用し、屋根利用時には芝の育成が出来る。一方、屋根利用時には、屋内型施設としてイベントが開催できるという画期的なシステム。
  •  3.  ピッチ上架時には二重の免振機能を持たせ、下部フレームの大幅な軽量化が可能。
  •  4.  ピッチ上昇後のピットの深さも2メートル程度と浅く出来るため、スタジアム本体を含め全体のコストダウンにもつながる。
  •  5.  既存のサッカースタジアム等に低コストで後付けの導入が可能。
     これまでピッチの昇降装置は150~200億円程度のコストを要するとされていたものに対して、開発した本システムを採用することでおおよそ1/3~1/4にコストを削減が可能となる。

2. 「Phovare (TM) ホバーレ」による高稼働率アリーナを実現
 Jリーグ → Bリーグ → アイスアリーナ → コンサートなど、
  マルチユースアリーナ・スタジアムとして、さまざまな用途に対応可能。
・Jリーグ

サッカー利用 (30,000 席)
メインスタンド 4,000 席 (1階)
        5,000 席 (2階)
        5,000 席 (3階)
サイドスタンド 3,500 席 ×2

 

ピッチ上昇状態

 

コンクリート床 (約 8,000㎡)

・Bリーグ

Bリーグコート配置

 

Bリーグ利用①(3,000席)

 

Bリーグ利用②(4,500席)

Bリーグ利用②(8,000席)

・アイスアリーナ

アイスアリーナ利用①8,000

 

アイスアリーナ利用②5,000

 

コンサート利用
(アリーナ20,000人+30,000席)

・コンサート

アイスアリーナ利用③4,000

 

コンサート利用
(アリーナ20,000人+30,000席)




 商業施設との併設例(例 1:ピッチの外周 3 辺に併設し、パティオスタイルにした例)

ピッチ外周部には、ショッピングモールやホテル、屋上駐車場などを配置

 

サッカーモード内観

 

アリーナモード内観



 商業施設との併設例(例 2:ピッチの両サイドにビルを隣接した例)

サッカーモード
(ピッチ下降状態)

 

アリーナモード
(ピッチ上昇状態)

 

市庁舎や病院を隣接しても十分な日照が得られる


サッカーモード内観

 

アリーナモード内観




 J3→J2→J1 昇格にあわせて観客席を増築
 
スタンド増設
 
既存躯体の改修がほぼ無しで増設が可能
 
Jリーグ規定のスタンド屋根も増設可能




【ネット上のニュース情報】

2020.07.22 横河システム建築ら/ピッチ昇降型スタジアムの提案強化/年間稼働率を向上 - 日刊建設工業新聞


※ インターネットニュース記事は、ニュース掲載元の記事掲載仕様により全文参照できない場合、またリンク先のページが無くなり参照できなくなる場合がございます事をご了承ください。
前のページへ戻る