特殊建築TOPICS

ケーブルネットを用いた超軽量構造の開閉屋根の特徴


>>Ultra-lightweight retractable roof structure using a cable net
クリックすると動画をご覧になれます。
  •  1.  直径250mの円形コンプレッションリングとケーブルネットに支えられる超軽量構造
  •  2.  美しいハイパーボリック(hyperbolic)曲面を描く屋根形状
  •  3.  折り畳み式膜屋根開閉システムを採用
  •  4.  類を見ない175m×150mの大開口部を実現、8万人規模スタジアムに適用可能
  •  5.  設計風速34m/sまで対応可能
  •  6.  屋根の開閉に要する運転時間は20分
  •  7.  @/㎡20~30万円台の低価格を実現
  •  8.  ランニングコストの大幅な削減が可能
  •  9.  年間100回以上開閉可能
  • 10.  クリティカルパスに影響しない屋根施工法を実現
前のページへ戻る